雑にセルフ脱毛すると大変なことに

セルフ脱毛をしたい時、真っ先に登場するのが毛抜きですよね。100円ショップでも売っていて、お手軽便利と良いことづくめな毛抜きですが、雑な使い方をしてしまうと後々、厄介なことになるかもしれません。そこで今回は毛抜きを使用する際に注意したいことをいくつかご紹介します。
毛抜きを使用する上で最も気をつけたいのが埋没毛です。毛を抜く際、雑に抜いてしまうと毛穴を傷つけ、修復のために薄い膜が張ります。
その結果、次に生えてくるはずの毛が膜に阻まれ、出てくることができなくなります。これが埋没毛です。
この状態になってしまうと、毛穴も黒くブツブツした見た目になってしまいます。綺麗な見た目にしたくて脱毛したのに、まさしく本末転倒ですよね。
そのため、埋没毛を防ぐために毛抜きは正しく利用する必要があります。まず、毛穴が開き、肌も柔らかくなるお風呂上がりなど、毛が抜きやすいタイミングに行いましょう。そして実際に抜く際は毛の流れに沿ってゆっくり抜きます。雑に引っ張って抜いてしまうと毛が途中で切れて毛根が残ってしまいます。その後、抜き終わった後は毛穴を閉じるために脱毛箇所を冷やしましょう。
このように、肌トラブルを防ぐためには毛抜きを使用する際、タイミング、抜き方、アフターケアについて注意する必要があります。